遺産分割の方法

遺産分割は、遺言によって相続分の指定があれば指定された相続分で、指定がなければ法定相続分で分割を行いますが、特別受益や寄与分も考慮します。
財産を分割する方法は、「現物分割」「換価分割」「代償分割」の3つです。
「現物分割」とは、相続人の間で相続する量や金額の割合を決めて、遺産そのものを分割する方法です。例えば、被相続人の配偶者は土地と建物を、子供は預貯金と株式を相続するような方法で、原則的な分割方法です。
「換価分割」とは、相続人が相続した遺産の全部または一部を金銭に換えて、その金銭を分割する方法です。これは、現物分割が難しい場合や遺産を分割すると価値が少なくなってしまうような場合に売却して現金で分割する方法です。
「代償分割」とは、相続人のうち特定の相続人が遺産そのものを取得し、他の相続人には遺産を取得した相続人の固有財産を支払うというような分割方法です。この方法は、事業に使用する不動産や自社株など、現物分割が難しい場合に取られる分割方法です。
前述したとおり、現物分割が原則的な分割の方法なので、遺産の分割はまず現物分割をあてはめ、現物分割が困難な場合に換価分割や代償分割の方法を選ぶことになります。