遺産分割の方法

亡くなった人(被相続人)の財産を受け継ぐ人が1人の場合は問題ないのですが、相続人が複数の場合は遺産分割をします。その方法ですが、被相続人の遺言書がある場合は、そちらを優先します。その場合は、分割をスムーズに円滑に行うことが出来ます。遺言書が無ければ、相続人全員で遺産分割協議を行ない、取得者を決めます。実際には、被相続人が亡くなってから遺言書もなく、相続人の話し合いが速やかに進まないことも多くあるというのが、実態です。相続人の間で、トラブルになることも珍しくありません。そのため、遺産分割協議を行うことが最も重要です。相続人同志で協議することも出来ますが、問題がいろいろ出てこないとも限りません。そのような時に依頼するとうまく治まるのが、弁護士や司法書士です。特に法律に疎い場合、あるいは法律家に依頼した方が遺産分割協議がまとまるというのであれば、その方法がお勧めです。相続問題については、ほぼ全ての法律事務所で、受付けています。また、電話で無料相談を行っているところも多いので、まずは電話で相談してみることも出来ます。専門家に相談することもなく、いつまでもそのままにしておくと、銀行の預金なども名義変更も出来ず、分割することが出来ないままになってしまわないように、早急に手続きすることも大切です。

コメントは受け付けていません。