知りたい!相続登記にかかる費用

相続登記にかかる費用は、1物件につき600円の登記事項証明書代と数千円の戸籍、住民票、評価証明書代と数千円の法務局への交通費または郵送代と登録免許税です。登録免許税は、固定資産評価額の1000分の4で額面分の収入印紙を購入し登記申請書の余白に貼り付けて納めます。登記事項証明書を要約書にした場合、1物件につき450円と割安になります。要約書は、登記事項証明書の記載事項を要約した書面で、地番、家屋番号、所有者などが記されています。自分で手続きをすれば、これら以外の手数料などは特にかかりません。司法書士や弁護士等の専門家に手続きを依頼した場合、報酬として5~7万円ほどかかるのが相場と言われています。ただし、この報酬は条件によって加算されるものです。相続人の数、不動産の数や価値、また権利関係の複雑さなどが一般的な加算条件とされています。相場から見て異常に安価な報酬が設定されている場合、その後の加算によって高い値段になることもありますので注意が必要です。加算額は着手後に実際に相続人を調査してみないと分からない部分もあるため、上限を先に確認しておくなどして後々のトラブルを避けるようにします。早く済ませたい方、ご自分で手続きをする時間がない方は、司法書士などに依頼してしまう方が早く済ませることができます。

コメントは受け付けていません。